HOME > 事業案内 > 放射線/放射能検査 > 食品/飲料水などの検査

事業案内

放射線/放射能検査

食品/飲料水などの検査

海外の輸入規制にお悩みの食品輸出事業者様へ

輸出食品などの放射能検査のご案内

全国の食品非汚染証明のニーズにお応えします!

2011年12月22日経済産業省より、輸出品の放射能検査に関する補助事業者として指定されました。
(平成23年度「貿易円滑化事業(追加公募)」の補助事業者の採択決定について)
本補助事業は経済産業大臣が指定する検査機関が行う輸出品の放射能検査に要する費用の一部を国が補助するもので、
当社に依頼される輸出用飲食料品等の放射能検査費用が90%もしくは50%補助されます。

強まる諸外国の輸入規制

東京電力福島第一原子力発電所での事故に伴い、EUをはじめとする一部の国では日本産農林水産物・食品の輸入にあたり、放射能検査証明書の添付を義務付けており、こうした動きに追随する国が続出しています。諸外国からの輸入規制が一度に解除されることは少ないと予想され、食品輸出事業者様向けの検査体制を早急に整備することが課題となっています。

● 検査方法
「食品中の放射性物質試験法(平成24年3月15日 食安発0315第4号)」
「ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法」
● 使用機器
「キャンベラ・ジャパン株式会社製 MODEL GC2520 同軸型GE半導体検出器」
● 検査開始時期
平成23年7月1日

画像:イメージ
画像:イメージ

画像:データ解析/証明書

当社の特徴

◎ 農水省に認められた数少ない民間ラボです!
「平成23年度輸出農産物等放射能検査対応事業」の公募で承認されました。

◎ 国際認定事業所の登録を取得しました!
平成24年3月15日公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)より放射能測定分野でISO/IEC17025試験所認定を受けました。

ご依頼方法、必要試料量

別紙ご注文書をご覧ください。

注文書ダウンロード

ページの先頭へ