HOME > 事業案内 > 環境DNA

事業案内

環境DNA解析

環境DNA解析とは
  1. 環境DNAとは、海・川・湖沼・土壌等の環境中に含まれる生物のDNAです。(当社の分析では、水域環境DNAを対象としています。)
  2. 環境DNAを分析および解析することで、そこに生息する生物の種類やおよその生物量の把握が可能です。
  3. 環境DNAを用いた調査は採水だけで可能であるため、これまで環境調査にかかっていた労力や、環境への負荷を減らすことができる画期的な調査方法として注目されています。

環境DNAとは

主な利用例とメリット
  1. 捕獲する必要がないので、捕獲が困難な種の調査が出来ます。 (例)サンショウウオ等の検出
  2. 水産資源量の把握が出来ます。  (例)アユの定量
  3. その場に生物がいなくても、存在有無がわかります。
  4. 予測される外来種の調査が可能です。  (例)外来種と在来種で交雑が起こっているかの把握が出来ます 。

環境DNAのメリット

環境DNAの2大分析サービス
種の特定
  1. 特定のプライマーを用いて、ターゲット生物が生息しているかどうか特定を行います。
    (例) 調査対象水域に、ハクバサンショウウオが生息しているか調べたい
網羅的解析
  1. 解析により得られた塩基配列とデータベースを比較し、生息する可能性のある種をリストアップします。
    (例) 調査対象水域に何種類の魚類が生息しているか調べたい

分析のフロー
  1. なるべく濁りがない部分から採水します。 *1試料につき1L
  2. 試料ろ過後のろ紙に抽出用バッファーを添加し、DNAを抽出します。
    ろ過
    その後、カラム処理により精製し、検液を作製します。
  3. リアルタイムPCRでDNAを増幅及び解析します。
    PCR
    調査の目的により、次世代シーケンサーを利用した解析も実施します。