HOME > 環境関連情報 > 環境基準 > 地下水

環境関連情報

環境基準

地下水

地下水の水質汚濁に係る環境基準について

地下水の水質汚濁に係る環境基準
平成9年3月13日 環境庁告示第10号(改正 平成28年3月29日 環境省告示第31号・平成29年4月1日より施行)

【地下水の水質汚濁に係る環境基準】
項目 基準値
(mg/L 以下)
測定方法 測定方法の詳細
カドミウム 0.003 JIS K0102 55.2 電気加熱原子吸光法
JIS K0102 55.3 ICP発光分光分析法
JIS K0102 55.4 ICP質量分析法
全シアン 検出されないこと JIS K0102 38.1.2 及び38.2 ピリジン-ピラゾロン吸光光度法
JIS K0102 38.1.2 及び38.3 4-ピリジンカルボン酸-ピラゾロン吸光光度法
0.01 JIS K0102 54 54.1 フレーム原子吸光法
54.2 電気加熱原子吸光法
54.3 ICP発光分光分析法
54.4 ICP質量分析法
六価クロム 0.05 JIS K0102 65.2 65.2.1 ジフェニルカルバジド吸光光度法
65.2.2 フレーム原子吸光法
65.2.3 電気加熱原子吸光法
65.2.4 ICP発光分光分析法
65.2.5 ICP質量分析法
砒素 0.01 JIS K0102 61.2 水素化物発生原子吸光法
JIS K0102 61.3 水素化物発生ICP発光分光分析法
JIS K0102 61.4 ICP質量分析法
総水銀 0.0005 環告第59号 付表1 還元気化原子吸光法
アルキル水銀 検出されないこと 環告第59号 付表2 ガスクロマトグラフ(ECD)法
PCB 検出されないこと 環告第59号 付表3 ガスクロマトグラフ(ECD)法
ジクロロメタン 0.02 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.2 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(FID)法
四塩化炭素 0.002 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.4.1 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.5 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ(ECD)法
クロロエチレン
(別名塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー)
0.002 H9環告第10号 付表 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
1,2-ジクロロエタン 0.004 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.3.2 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(FID)法
1,1-ジクロロエチレン 0.1 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.2 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(FID)法
1,2-ジクロロエチレン 0.04 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1
(トランス体のみ)
パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.3.2
(シス体のみ)
パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(FID)法
1,1,1-トリクロロエタン 1 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.4.1 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.5 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ(ECD)法
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.4.1 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.5 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ(ECD)法
トリクロロエチレン 0.01 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.4.1 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.5 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ(ECD)法
テトラクロロエチレン 0.01 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.4.1 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ(ECD)法
JIS K0125 5.5 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ(ECD)法
1,3-ジクロロプロペン 0.002 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(ECD)法
チウラム 0.006 環告第59号 付表4 溶媒抽出又は固相抽出による高速液体クロマトグラフ法
シマジン 0.003 環告第59号 付表5の第1 溶媒抽出又は固相抽出によるガスクロマトグラフ質量分析法
環告第59号 付表5の第2 溶媒抽出又は固相抽出によるガスクロマトグラフ(ECD,FTD)法
チオベンカルブ 0.02 環告第59号 付表5の第1 溶媒抽出又は固相抽出によるガスクロマトグラフ質量分析法
環告第59号 付表5の第2 溶媒抽出又は固相抽出によるガスクロマトグラフ(ECD,FTD)法
ベンゼン 0.01 JIS K0125 5.1 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.2 ヘッドスペース・ガスクロマトグラフ質量分析法
JIS K0125 5.3.2 パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ(FID)法
セレン 0.01 JIS K0102 67.2 水素化合物発生原子吸光法
JIS K0102 67.3 水素化合物発生ICP発光分光分析法
JIS K0102 67.4 ICP質量分析法
硝酸性窒素及び
亜硝酸性窒素
10 NO3- JIS K0102 43.2.1 還元蒸留-インドフェノール青吸光光度法
NO3- JIS K0102 43.2.3 銅・カドミウムカラム還元-ナフチルエチレンジアミン吸光光度法
NO3- JIS K0102 43.2.5 イオンクロマトグラフ法
NO2- JIS K0102 43.1 43.1.1 ナフチルエチレンジアミン吸光光度法
  43.1.2 イオンクロマトグラフ法
ふっ素 0.8 JIS K0102 34.1 ランタン-アリザリンコンプレキソン吸光光度法
JIS K0102 34.1 c) 及び環告第59号 付表6 蒸留分離-イオンクロマトグラフ法
ほう素 1 JIS K0102 47.1 メチレンブルー吸光光度法
JIS K0102 47.3 ICP発光分光分析法
JIS K0102 47.4 ICP質量分析法
1,4-ジオキサン 0.05 環告第59号 付表7 ガスクロマトグラフ質量分析法

[備考]

  1. 基準値は年間平均値とする。ただし、全シアンに係る基準値については最高値とする。
  2. 「検出されないこと」とは、測定方法の欄に掲げる方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。
  3. 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の濃度は、JIS K0102 43.2.1、43.2.3又は43.2.5により測定された硝酸イオンの濃度に換算係数0.2259を乗じたものとJIS K0102 43.1により測定された亜硝酸イオンの濃度に換算係数0.3045を乗じたものの和とする。
  4. 1,2―ジクロロエチレンの濃度は、JIS K0125の5.1、5.2又は5.3.2により測定されたシス体の濃度とJIS K0125の5.1、5.2又は5.3.1により測定されたトランス体の濃度の和とする。
  5. 環告59号とは、人の健康の保護に関する環境基準(昭和46年12月28日 環境庁告示第59号)

ページの先頭へ